【多摩湖】原点回帰①(3時間走)

Pocket

久しぶりの3時間走

 

今週も山には行こうとは思っていた、だけど、先週の情けない山行に1週間ずっと反省していました。

山に行く以前に体力・筋力・精神力(New!)が根本的にダメな気がしている、7月~8月と頑張って走り込んでいたつもりだったけど、何の意味も無かった事を思い知らされました。

 

山にとりあえず行って徘徊するだけでも良いのですが、なんとなくまだ時期尚早な気がするんですよね・・・

7月、8月頑張ったと言っても「ロング走」は一切やっていなかったので、まずは30kmぐらいの距離を楽に走れるほどの持久力(体力)を取り戻した方が良かろう、

というわけで、今週末は山には行かず、まず現状の体力はどれほどなのかを確かめる為に、お馴染み「多摩湖」にて持久走をしてみることにしました。

 

 

とりあえず30km走るか!?

と思ったものの、おそらく3時間は越えるだろうと予想、3時間以上意地で走っても疲労を溜めるだけ、

「じゃあ3時間走やればいいんじゃね?」

3時間走とは『3時間休まずに走り続けるトレーニング』、ペースは遅かれ速かれ何でも良く、ただ3時間を休まず走り続けること、

ふと、思いついたけど良いかもしれない、昔、よく取り組んでいたトレーニングの一つ、これのおかげでトレランのペース配分が理解出来たものよ、

 

というわけで、さっそく走り始める、とにかく力を抜きつつ体力を温存することに努め、3時間走り続けることができるであろう楽なペースで走り始める。

初めの1kmが7分30秒ほど、かなり遅い気もするが「楽な感じ」なので、以後、同じ感じを維持し続けながら走り続ける。

7km過ぎあたりで腹が痛くなってくる、最近、走っていると腹痛になることが多い、脚、体力だけではなく内臓も弱まっているのか?

10km過ぎぐらいから右股関節が妙な感じが発生、腹痛を含め取り敢えずシカトすることにする。

14km過ぎ辺りで再び腹痛発生、7の倍数で腹が痛くなるようになっているのか?ちなみに21km地点でも腹が痛くなりました。

18kmぐらいだったかな?左ふくらはぎが張ってくる、右の股関節は違和感から痛みに変わってきている、とりあえず走行中止するほどではないので騙しながら走り続ける。

しかし、左ふくらはぎと右股関節のアンバランスな箇所の痛みが発生とはねぇ、走り方が左右均等に使えていないよう、左脚は体幹の使い方を忘れているご様子です。これは早急の修正が必要です(右は右でダメだけどね)。

2時間過ぎたところで「昼飯の時間」が差し迫っていることに気づく、遅れて帰って何を言われるかわかったものじゃない、というわけで、不本意ながら帰宅することにする。

結局、2時間45分走って終了、3時間まであと15分だったけど仕方なし!

結局、23kmぐらいだったかな?走り終わって左ふくらはぎがパンパンに張って痛かったよ・・・

 

以前はゆっくり走っても余裕で3時間30kmは走れたんだけどなぁ、今回は必至で23kmとはね、まあ、現状がわかってので良しとします。課題も見つかったし。

しばらくは「時間走」にしようかな?

坂往復2時間とか階段往復1時間30分とかもやってみるかな

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です