【UTMF】「Virtual UTMF2020」(初日)

Pocket

Virtual UTMF 2020(初日)

 

 

本日から「Virtual UTMF 2020」が開始されました。1週間で160km走ろうという企画。

朝5時頃にStravaを見て見たら既に30km以上走っている猛者がチラホラいた。

「日付が変わると同時に走ったのかよ?」

「クソ寒い真夜中によくやるなぁ」

なんて思ったのですが、冷静に考えれば全世界合わせて1万1千人ほど登録しているので、海外在住の人達が走った記録だったのかもしれませんね・・・

 

1日目23.3km/合計23.3km(残り136.7km)

 

初日から雨とはね、さすがUTMF!

昨日のブログでは「意外と過酷」なんて書きましたが、平日に走る時間が限られている自分には改めて『厳しい企画』だなと実感、

今日はなんとか1日あたりの最低限である23km走れましたが、明日も含め残り6日間で23km走れる時間がとれるのか?ちょっと不安に感じてます。

1週間、毎日23km走る事は出来るのか少し疑問に思ってきました。今日の感じだと何処かで疲労を感じて休みたくなってくるはずだと・・・

 

走りながら色んなパターンを考える。

この企画の真髄は「1週間160kmを如何に効率よく計画して完走できるか?」だと思っています。

23km×7日間=161km走るのも良いのですが、どこかで辛くなって休みたくなるとも思うので、やはり休養日や予備日などを設けておいた方が賢明かなと、

例えば、

  1. 25km×4日間=100km、30km×2日間=60km
  2. 27km×6日間=162kmで1日予備日(休養日)

 

今日は23kmでしたが、ここで方向転換し「25km×4日間+30km×2日間+1日予備日」のパターンに切替ようかなと、明日は25km+本日の分残り1.7km走る予定、

通常100mile(160km)レースは2日間に渡り一気に走りきる感じなので「1週間もあれば用意では?」と思うけれど、平日の普段の生活の中で「走る時間」を確保しながら160kmを1週間で達成させるのはなかなか難しいのかなと、

土日で160kmでも良いけど、先日のKOUMI100を走ったランナーの大ダメージを考慮すると、1週間の猶予を上手く利用してダメージを少なく達成でもいいじゃない?

とりあえず残り6日間で136.7km、明日も頑張ります!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です