【秩父】武甲山へ

Pocket

武甲山(3回目)

 

 

今日は埼玉県秩父市にある日本二百名山「武甲山」へ行ってきました。

「せっかくの紅葉シーズンなのに山に行かないのは勿体ない!」

ということで何故か武甲山をチョイス、

奥多摩は行き過ぎているし他に近場と言えば奥武蔵ぐらいかなと、

武甲山というと今も石灰やセメントの採掘で削られまくっている山、

2017年のFTR100の試走と本番で2回登って以来訪れておらず、約3年ぶりに訪問です。

 

過去2回は武甲山西側の「浦山口ルート」から登りましたが、今回は初めて東側の「表参道コース」から登りました。登山口前に無料駐車場あり、駅からのアクセスもまあまあ良いけれど車で訪問。

今日はトレランモードではなくハイカースタイルでの登山、

無駄に40Lのザックを担いだりトレッキングポール×2本使用、

シューズは登山靴が見つからず・・・、仕方なしにトレランシューズを履くという本末転倒でした。

 

途中、おそらく昨年の台風19号爪痕で崩落している箇所あり、しっかり迂回ルートを確保してあるので問題ないですけど、上記写真の所は修復出来ないだろうなぁ・・・

 

たんたんと登って行く、武甲山の登りはあまり日が当たらなく寒い、

武甲山北側と違い登山道は木々がいっぱいで癒されます。途中に「不動の滝」というのもあり久しぶりに滝も見れて良かった(写真撮り忘れ)

 

紅葉はところどころ見れますが、う~ん、全体的に見ると既に終わっているかなぁ・・・標高1,000mぐらいでチラホラある程度です。

 

登山道中間地点を少し過ぎたところに「大スギ」がありました。

かなり大きい杉の木、樹齢どれぐらいなんだろうか?ちょっと気になる。

 

どんどん登る。

登山者はあまり遭遇せず、平日の山は静かで良いのですが逆に怖い。

 

武甲山表参道ルートにはところどころに「〇〇丁目」という石碑が建立されています。

駐車場から1丁目が始まり武甲山山頂まで全部で52丁目まであるようです。

 

山頂に近づくにつれて大きめの石がゴロゴロあります。

日光の男体山ほどの大きい石はないですが少々面倒でした。

 

3回目の武甲山に登頂成功!標高1,304m!!

駐車場から山頂まで累積標高がなんと777m!!!素晴らしい!

 

武甲山山頂から秩父市内を望む、

若干、景色が霞がかかっていましたが良い景色です。

山頂からの景色は爽快ですが、登ってくる道中に景観スポットはゼロっでした。さすが奥武蔵!

結局、紅葉は「?」でしたけれど、良い景色が見れたし、トレランではない登山もたまには良いものだと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です